読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糠星日記

2014年8月3日に生まれた息子と慢性腎不全の猫や家族のなんてことない日常を綴っていきたいと思います★

うちのにゃんこさん

昨日は猫病院の日でした( ´ ▽ ` )ノ
かれこれもう1年以上慢性腎不全の治療を続けて来ました(T ^ T)

今年の夏にまた倒れて入院になった時は、慢性腎不全に加え尿毒症、水腎症、脱水、貧血も併発していてあと数日の命しかないと言われていましたが、奇跡的になんとか日常生活は送れるくらいに回復しました!(=´∀`)人(´∀`=)

しかし、血液検査は何時も正常値オーバーでもう戻る事はないと言われていました。
腎臓も片方の腎臓だけが少しの力で頑張ってる状態でした。

けど、うちのにゃんこさんはご飯も食べるし、動くしジャンプしたりと何時もと変わらない様子なので、先生からも「奇跡としか言いようがない。この腎臓のレベルでこれだけ動けるのが不思議で仕方がない。」と言われ続けてます(*^^*)

そして以前から貧血(腎性貧血というものです)が進んで来ておりましたが、昨日の血液検査で貧血がついに16%程にまで下がっていました。
ほぼ輸血が必要な状態だそうです。

それ程までににゃんこさんの腎臓は機能していないという事です。そして腎不全の治療として補液をずっと行っていますが、補液をすればする程貧血は進むそうです。しかし補液をしなければにゃんこさんは生きる事が出来ません。

先生からは最後の最後の最後の手段に貧血対策の造血ホルモン剤を注射していこうね、と聞いてはいましたが、ついにそのホルモン剤を使用する時が来ました。

猫用の造血ホルモン剤は存在しないので人用のを注入することになります。なので、いずれは抗体が出来てしまうので、結局はただの延命治療になってしまいます(>_<)

しかしこの注射を続けていって貧血が改善されればまだ生きられるかもしれません。改善されなければもう打つ手はないと言われました(;_;)

それでもこの子は既に7月の時点で亡くなっているのにここまでよく頑張って来てくれました!その事に感謝しつつ、少しでも長く生きられるようにサポートしていきたいと思います(*^^*)

頑張ろうリンク♡♡

ではでは〜〜


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

★カテゴリー記事一覧★

広告を非表示にする